コンドミニアムを借りてハワイの滞在を思う存分楽しもう

新築住宅を建てる

新築のトレンドとは何か

新築住宅を建てる場合、そのトレンドが気になるところです。最近のトレンドの一つはバリアフリーの住宅です。家を建てた人が老人でなくても、老人と一緒に住むことが計画されている場合は、これから20年後、30年後には自分も老人になるであろう人が、バリアフリーの住宅を望んでいます。 別の新築のトレンドは、自然の素材を生かした地震築住宅です。例えば、杉の木だけを用いた住宅というのも存在します。あえて価格の高い自然素材の住宅を建てる理由は、主人が自然が好きだからとか、奥さんが木の温かみが好きだからという趣向の問題でもあります。その一方で結構深刻なのがアレルギーです。この国では鼻炎や花粉症、アトピー、喘息など様々なアレルギーを持っている人が意外と多いのです。

どのような人が扱っているのか

新築住宅を建てる時、バリアフリーにしたい場合や自然素材の家にしたい場合は、建売住宅ではなかなかその要望を叶えることは難しいです。何故なら新築の建売住宅は万人受けをする住宅しか作らないからです。バリアフリーの住宅を作っても自然素材の家を作ってもなかなか売れないとすれば、作る意味もないからです。 そこでどうしても注文住宅に頼らざる得ないということになります。 注文住宅はハウスメーカーや工務店が作ってくれます。 ハウスメーカーの特徴はとにかく住宅の建設数が多いことです。1年間に100棟以上は建築するところも多いのです。 これに対して工務店は、建てる数は多くないものの、専門分野を持っており例えば自然素材の家を得意としている工務店もあるのです。